現役塾経営者から見た マンガ 二月の勝者 絶対合格の教室

マンガそしてドラマ化された二月の勝者 絶対合格の教室を見て、

中学受験生の親なら、絶対にこのドラマを見るべきだ!と思ったので、

私から この作品を見るべきであるである理由を3つ紹介します。

二月の勝者って、柳楽優弥くんが主演の中学受験ドラマ?マンガがインスタやTwitterで話題になってるあれね!

今までも受験もので、東大への合格を目指す「ドラゴン桜」や学年ビリから慶応合格を掴み取る「ビリギャル」が有名ですよね。

中学受験を目指す、しかも塾講師が主役のドラマなんて珍しいね

塾講師の目線から、中学受験の現実をリアルに描いたマンガってどんなんだろう?

そんな、中学受験をしかも、塾の側から描いたマンガとはいったいどんなものなのか紹介します。

中学受験を考えているなら読んで!

この記事を書いている私は現役塾講師兼経営者です。

実際の教育現場で働いて、目の前に中学受験生を見ている私が、是非見て欲しいと感じました。

私も初めは、そんなにいい漫画なの?と半信半疑でしたが、1巻目を買ったが最後、気付いたら発売されている最新刊である第9巻まで大人買いしてしまいました。

カジきたです。ツイッターYouTubeもやっています。お問い合わせはこちら

そして、半日ガッツリ読み込んで、一気に読みきってしまいました。

結論、中学受験をするご家庭であれば、親が原作を絶対に読むべきであると言えます。

えっ?ただの漫画じゃないの?
金八先生みたいな感動ものか、天海祐希の出ていた女王の教室みたいな脚色ゴリゴリのものじゃないの?

私も読む前はそう思っていました。でも実際は…!

この作品の大まかな中身を紹介すると、

①もはやマンガ・ドラマではなく参考書並み

②親の心構えと子どもの気持ちを教えてくれる

③親が受験を学ぶきっかけになる

これらのポイントについて、詳しく説明していきます。

①もはやマンガではなく、参考書。

二月の勝者は形こそ、ドラマやマンガとなっていますが、中身自体は完全に中学受験を控えた親のための参考書になっています。

 

その証拠にこの漫画には、漫画らしからぬ参考文献の欄があります。

しかもその中にある本は、ガチの中学受験向けの本ばかりです。

 

私も参考文献に挙げられている本をたくさん読みましたが、少なくとも漫画家さんが読むものではありません。リアルな学習塾の実情や、受験をめぐる親と子、そして学習塾の間の駆け引きがとても生々しく描写されています。

しかも、親子を悪く言うとか、塾を批判するとかではなく、受験生にとって、お母さん・お父さんにとって有益な情報を詰め込んでいるのです。

だからこそ、この二月の勝者は私のように塾に携わる人間からお母さんにオススメできるのです。

②親の心構えを教えてくれる。

中学受験で勘違いしてしまいがちなことに、「子どもの成績さえあがればいいのだと思ってしまう」ことがあります。

今、小学5年生や6年生のお母さん世代にも、もちろん中学受験はありましたが、今と昔では状況が全く違います。

どうしても、子どもの偏差値が上がらない。毎日かなりの時間勉強をしているのに…。

そもそも、いつになったら成績が上がるの?他の同級生はどんな状況なの?など親が悩み込んでしまうことも珍しくありません。

お母さんが思うことは、お子さんも同じように悩んでいます。しかも、小さな子どもの心で。

改めて考えて欲しいのですが、中学受験をするのは「若干12歳の小学生」です。

まだ幼さが残り、反抗期真っ最中の受験となるので、様々なパターンの挫折や困難が待ち受けています。

予備知識もなく直面してみると、中学受験を諦めようかと思うこともあります。

しかし、塾業界の人間からすると毎年あることで、必ず乗り越えられること、どんなときに、どんなことがあるからお子さまは困っているのか、悩んでいるのかが大まかに分かってきます。

それをストーリー仕立てでマンガ化されているので読むことができ、頭にどんどん入ってきます。

自分は感情移入をしてちょっとこめかみが熱くなったほどです。

これから、受験に突入する。特に長男長女で受験初体験のお母さんはこんな思いもするのかと事前に知っておくに越したことはありません。

③親が学ぶきっかけになる

二月の勝者を読んでいると、中学受験で必要な知識がそこかしこに登場してきます。

この作品の舞台は首都圏なので、首都圏の主要な中学受験向けの学習塾や首都圏の学校への進学を考えているひとはもちろんピッタリと当てはまります。

わたしのいる関西圏にもほとんど同じことが言えるので、中京圏、広島、福岡でも同じように学びを得ることができるでしょう。

二月の勝者は形こそ、ドラマやマンガとなっていますが、中身自体は完全に中学受験を控えた親のための参考書になっています。

なんだかんだ言って中学受験は親の受験。お子さんを塾に丸投げして終了というわけではありません。なかなか頭でわかっていても、いざ勉強しようとすると動き出さないのが人間です。

ですから、この本を入りとして基本的な中学受験に関する知識を身につけてもらうことで、書店に売っているような活字の中学受験に関する本も読みやすくなります。

だからこそ、中学受験のお勉強を始める1冊目にはこの「2月の勝者」はおすすめしたいのです。

まとめ

「2月の勝者」は中学受験についての単なるエンターテインメントではなく、中学受験に関する基礎知識をつけられる大人向けの教科書といってもいいでしょう。

もちろん、全ての事情を完全に汲み取っているわけではありませんが、入門書とりては十分すぎる濃さになっているので要チェックです!

新しく始まるドラマは新型コロナウイルスの影響で、放送が延期になってしまいましたが、私も絶対に録画予約します!

放送日の発表が楽しみですね!

それでは、次のお話でお会いしましょう。

早くコロナ騒動がおさまって、ドラマが放送されて欲しいなぁ

ドラマの放送時期がわかったら、録画予約しよっと!

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*