【とある男が教える勉強法】塾へ行かずに成績を上げる方法【葉一さん】自宅学習の強化書

この本はどんなことが書いてある本なの?そして葉一さんって誰?

この本は、子どもたち、特に中学生が自分で勉強をするにはどうすれば良いか、何を大切にすれば良いかをまとめて書いてある本です。ちなみに「とある男」こと葉一さんは日本のTOP教育系YouTuberなんです!

YouTuberの本だからって侮るなかれ。YouTubeの話は実は一部で、普段の学校や家庭での勉強がメインなので中学生とそのお母さんにぜひ読んでほしい一冊です。

塾に行かなくてもいい?

まず、断っておかなくてはいけないことがあります。

それは、この本が塾へ通わせてもらっている人が、辞める理由を見つけるものではないということ。

さらにはYouTubeの授業動画を宣伝するものではないということ。

これは普段の学生生活で行う、家庭学習、自主学習について着目した本です。

一言でまとめると、自分で学び進めたいこのための「攻め」の本。それが「塾へ行かなくても成績が超アップ! 自宅学習の強化書」なのです。

最近話題の教育系YouTuberかつ、唯一の実際に出会ったことのある100万人超えのYouTuber葉一さん。そんな葉一さんのが著したものであるから、私もこの本を発売日に買って読みました。

本文

誰に向けた本?

 

対象は中学生とその親御さん。

買おうか悩んでいる人、買った人けどまだ読んでいないという人にどんな情報が得られるのか、そしてどんな人におすすめの本なのかをお伝えします。

中学生が直接読んで理解できるように章がかなり細かく区切ってあり、短い時間でも読める。

1ページ目から最後まで読み切らないでも、目次と前書き、そして目次で気になった項目を拾い上げて読んでも役立つようにできている。

その中でも特に読んだ方がいい!というものをこの記事ではピックアップします。

1人で勉強をするために必要なコト

1人で勉強するために必要なものとして、計画を立てることと、学習をルーティン化することを必要なものとして挙げています。

ルーティンが大切だと言うのは私も全く同感です。

学習は筋トレと同じでいっきにたくさんやることよりも、コツコツを積み上げることによって成績が上がります。

ルーティンというのは日本語で言うと習慣化。習慣化に必要なコツこの本の第4章をまるまる使って書かれています。

勉強を習慣化したいけど、いつも挫折してしまうという人はこの章からヒントが得られるはず。

とある男の使い倒しワザ

なんとなくYouTubeでとある男の授業を見ている人へ向けて、「こうやって動画を見ると、成績アップに繋がりますよ!」という話が取り上げられています。

わからないところをYouTubeで調べるといった使い方が一般的かと思いますが、学校の予習や復習はもちろん、テスト対策での使い方、一本の動画をどうやって見れば良いかもで解説されています。

通学で電車やバスを使っている人はその時間を有効活用できるようになるので、必読の章です。

分からないところを解決する以外にも使えるようになると、成績を後押ししてくるようになるでしょう。

学生さんへ向けた数少ない本

普通のよくある勉強法や入試に関する本は親御さんに買ってもらうように、本は書かれています。つまり、お母さんへ向けたメッセージが詰め込まれた、大人向けの言葉遣いの本が大半なのです。

なぜなら、中学生は勉強法の本なんてほとんど買わないから。

売れない本は作っても無駄なので、書かれない。

と、いうことはメッセージがお母さんへ向けた書き方になっているので、学生さん、特に中学生については読みにくかった。

しかし、この本は「教育系YouTuber」が書いた本です。教育評論家が書いたものとは違って、中学生が読んでも理解しやすい文体にちゃんとなっています。教育系YouTuberとして、既に中高生からの支持を得ている葉一さんだからこそ作れた本というわけ。

保護者へのメッセージが最後に

YouTubeを使った授業について、保護者の人に理解を求めるというような内容は少ないです。

YouTube授業で成績を上げて、親御さんに見せてあげることが大切であるという旨も書かれている。

学生の皆さんが勉強を進めるためには、やはり親御さんの協力が不可欠です。

ですから最後の章を使ってお母さんやお父さんへのメッセージが書かれています。

親として子どもにどう接すれば良いか、子ども自信の「自己肯定感」がなぜ大切かが書かれていました。

まとめ

とある男こと葉一さんが動画でも、本書でも強調されているように、動画での授業は学ぶ人自身の自主性を伸ばすために最強のツール。

塾に行けるか、行けないか。

都会に住んでいるか田舎に住んでいるか。

成績がいいか、成績が悪いか。

YouTube授業は壁がない。

そして、自学自習も同じように壁がない。

自分で学びをすすめる子になってほしいお母さんはクリスマスでも、お年玉でも、誕生日でも、普段のプレゼントにでもなんでも送ってあげてもいいかと思う。

これはYouTuberの本だからお子さんにもきっと手に取ってもらいやすいから。

ステイホームには読書がぴったり。大好きなYouTuberさんの本で、勉強に役立つなんてすごく理想的な1冊ですね。

新しい学期から、次のテストからは生まれ変わって成績アップするぞ〜!

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*